Geopark
    Iki Island Geopark,Japan
   
トップページ
リンク
サイトマップ
小牧崎〜湯の本温泉
森ノ浜
初瀬界隈
男岳石猿群
恵比須・瀬戸界隈
芦辺浦〜左京鼻
八幡浦〜田河中学校
幡鉾川・原の辻遺跡界隈
勝本浦〜辰ノ島
大清水ため池界隈サイクリング・ロード
岳ノ辻〜郷ノ浦
半城湾
渡良浦〜竜宮城
渡良三島
印通寺〜久喜港
筒城ビーチリゾート群
     
 
     
 
   
 
 
 
 
渡良浦〜竜宮城〜鬼の足跡
       
  見る   食べる   体験する 

渡良浦〜竜宮城〜鬼の足跡 ※神田漁港 加志神社界隈
   
     
渡良浦
竜宮伝説のあるこちら嫦娥島のある界隈を渡良地区と言い、そこには渡良浦と小崎と呼ばれる二つの漁港があります。

小崎はその昔、福岡の鐘ヶ崎の人々が江戸時代鯨を取るために壱岐に来島し、そのまま定住した人たちが集落を作った。

また、豊臣秀吉の朝鮮出兵のときに、水先案内人を出し、その功績により、壱岐のどこででも、漁ができるという特権をもらいました。

渡良には「大島屋」「いずみ屋」と言う海鮮問屋が当時あって、その後、県の機関を通じて中国大陸に輸出貿易を行っていたと文献にも残されている
     
 
渡良浦 大島商店     渡良港
       
      ページの先頭へ戻る
   
 
 
     
竜宮城
浦島太郎や竜宮城の伝説は、日本をはじめベトナム等世界で数箇所語り継がれているが、ここ嫦娥島付近が竜宮城の伝説に最も符合していると言われている。

郷ノ浦町華光寺の古い所によれば嫦娥島を竜宮城と記しており、ここの男女二体の仏像の一体は浦島太郎、ほかの一体は浦島太郎が壱岐の死で恋に陥り、白髪になってから故郷に帰った際、思い出に持ち帰ったのではないかとも言われている。

竜宮城と嫦娥島の共通点を探すと、外国に行く航路のそばにある風光明媚の地で、タイたヒラメの多い好漁場で、行きかう船が島に立ち寄り竜宮城御殿では美しい姫たちが神にささげる布を織っていたと伝えられ、そのうちのひとりと浦島太郎(本から来た人)が恋に陥り、恋が終わって故郷に帰ったとき白髪になっていたという話。
     

竜宮城から臨む渡良三島     コンサートが出来そうな、、、
       
竜宮城    
       
 
 ページの先頭へ戻る
 
 
     
鬼の足跡
郷の浦町の北部、壱岐西南部に突出した半島で先端の断崖は平均30mの高さ、半島は天然の芝生に覆われ、直径110mに及び、鬼の足跡と呼ばれる海蝕陥没の大穴があります。

冬の時期になるとその穴に白波が吹き寄せる時もありますが、その姿は「雪の花」と例えられるほど風流なものです。

また、直ぐ近くに「ゴリラ岩」があり、その横顔は島人で言う「手欲しがり屋」の様でそのかまって欲しい様子が笑わせてくれます。
     

ゴリラ岩 白雪の様な波 雪の花
 
壱岐観光地 鬼の足跡
 
このページの先頭へ戻る
 


Copyright(c)2010 壱岐島ジオパーク Iki Island Geopark, Japan. All Rights Reserved.  
inserted by FC2 system